諒設計アーキテクトラーニング評判|口コミ掲示板まとめ

諒設計アーキテクトラーニングの講座概要

 

 

諒設計アーキテクトラーニングでは、
基本的な心理学、生活に関わりの深い掃除や
整理整頓のスキル、デザイン関係のスキルなどを
学べる講座も開いています。

 

 

資格取得ができる講座ですが、資格主体というよりは
学習が主体となるもので、一定の学習を修了したら、
その段階で資格をもらって
クリアとなるというようなスタイルです。

 

 

もちろん、学んだことは仕事にも、
趣味にも生かせるので無駄にはなりませんが、
結局は本人のやる気とセンス、
実力や継続した努力などが大切で、
仕事にする場合には、講座終了後の
さらなるステップアップや
深めた学習も必要です。

 

 

多くの講座は59800円、
試験免除となる代わりに
課題提出が一回多くなるスペシャル講座は
79800円で開講されており、
資格や肩書きを取得できる通信講座としては
比較的コスパが良いです。

 

 

通常、有名所の他社では1つの資格をとるのに
1万円から10万円ほどかかることが多く、
それに比べれば2つの資格を取得できる
諒設計アーキテクトラーニングは魅力的で、
良心的な方です。

 

 

資格は、たとえそれが国家資格でも本人に実力、
スキルがなければ役に立たないので、
しっかりと学んで資格も持って、
現場で実力を出せるようにしていけば仕事も、
転職や就職も成功させられるでしょう。

 

 

この諒設計アーキテクトラーニングの講座は
だいたい6ヶ月で学び切るよう制約がありますが、
大学生でも、高校生でも
計画的に取り組んでいけば課題提出、
卒業課題提出で資格が手に入ります。

 

 

既に学校に通っていて学ぶ機会がある人は、
それほど難易度が高い資格だとは感じないでしょう。

 

 

整理整頓や心理系の資格もある

 

 

あまり資格がない掃除や家事手伝い、
整理整頓に関係する資格も
諒設計アーキテクトラーニングにはあります。

 

 

家の掃除、クリーニングなどの資格があれば、
家事手伝い、お手伝いさんとして
働きやすくなりますが、あまり魅力的な
スキルや資格はこれまで
ほとんどありませんでした。

 

 

特に、諒設計アーキテクトラーニングの
資格講座は自宅で学べて、
試験免除で資格を取得できるため、
赤ちゃんの妊娠中や子育て中でも
取り組みやすいという魅力があります。

 

 

乳幼児のいる状況では、
お母さんには自由な時間がほとんどなく、
家事、育児、妻の体調に
関心を示せないパートナーが一緒の場合には、
お母さんだけで全てをこなさなければいけず、
外出して講座を受けたり、
試験を受けたりするほどの余裕は
十分に取れません。

 

 

夫の協力があったとしても赤ちゃんや
乳幼児を育てながら学習するのは難しいので、
せめて、自宅で卒業課題を提出するだけで
取得できる資格があれば、
ステップアップやブランク埋めに役立って、
仕事への復帰にも、
スキルアップにも役立つでしょう。

 

 

当然整理整頓の資格やキッチン心理、
福祉心理を学んでおけば、
子どもの成長、中高生になったときの
反抗期への対処、介護が必要な
家族がいた場合の対処なども
できるようになって、仕事だけでなく
私生活でも生かせる知識が
得られるはずです。

 

 

ヨガやピラティスも始められる

 

 

自宅で役立つ掃除や
クリーニング系の資格以外にも、
自宅で取り組めるヨガや
ピラティスのように
健康のサポートになる資格も
諒設計アーキテクトラーニングで取得できます。

 

 

これらのスキルは、地域の教室に通っても
習得できるにはできますが、
1回1000円かかる教室に
1ヶ月4回通っていると
毎月4000円から5000円かかります。

 

 

1年で約6万円かかる計算になるので、
自分でヨガ、または、
ピラティスができるようになってしまって、
2年も3年もずっと自分でヨガ、
ピラティスができるようになったほうが
結果的に安く済みます。

 

 

もちろん、教室のように整った環境で
ホットヨガやパワーヨガをあるのも
楽しいものですが、自分でヨガが
できればそれだけで無制限に、
自分の家の中で好きなタイミング
でできるようになって、
毎日ヨガ教室に通っている感覚で
健康法を試せます。

 

 

資格を取得しながらヨガを学べば、
当然自信もついて、子どもや友達と
一緒にヨガをするときにも堂々と
自慢できるかもしれません。

 

 

ヨガをある程度マスターしたら、
自身でヨガ教室を開いてしまうのもよく、
地域のヨガの先生として
やっていくのも良いでしょう。

 

 

ウォーキングやダイエットなどにも
自分の力で挑戦できるようになれば、
余計なお金を支払わなくても
目標とするボディメイクやダイエットが
可能になるでしょう。

 

 

資格講座を通しての学習で、
より有意義な生活を送れるようになります。

 

 

心理系資格で心の整理もできる

 

 

用意されている心理系の資格講座も、
仕事や生活の中で蓄積するストレスを
少しでも減らすのに役立ってくれます。

 

 

メンタル心理ヘルス、福祉心理、
キッチン心理のように家庭の中で
使用する心理学の知識も多く、
子育て、料理、日常生活においての
心理状態を把握して、
心の平穏を取り戻せるようにするなど
実用的なものもあります。

 

 

子育てをしていると
ちょっとしたことでも
イライラしてしまうことがありますが、
キッチンの配置や配色、
使用する家電の工夫で、
料理のストレスを
かなり減らすことができます。

 

 

ストレスが減らせれば料理の
スピードも質も向上して、
料理も美味しくなって、本人にも
家族にも良い効果があります。

 

 

また、音楽と心理の関係を学ぶ
資格講座もあり、音楽の工夫で
心の状態を少しでも
改善できるようになるでしょう。

 

 

このメンタル心理ミュージック資格などが
あれば、お店、レストラン、カフェで
流す音楽も工夫できて、
お客さんがより買い物をしやすくなり、
店員のストレスも減らしていけるでしょう。

 

 

心理系の資格はあまりないため、
学ぶのも難しいですが、
資格講座を通して学べれば、
基本から応用まで心理を
きっちりと身につけられるでしょう。

 

 

福祉心理については子どもが
反抗期になる前に
身につけておいたほうがよく、
子どもの反抗期の捉え方や
扱い方などを事前に知って
備えておきましょう。

 

 

反抗期は子ども自身でも
コントロールできない
心理状態になることがあるので、
親が子どもの知らないところから
サポートするなど、
上手に手回しできるようになります。

 

 

講座の仕組みと資格の魅力

 

 

諒設計アーキテクトラーニングの資格講座は、
同時に2つの資格を
取得できるものがほとんどです。

 

 

講座を受講すれば、
6ヶ月の間に課題を全て提出すれば、
資格を取得できる
スペシャル講座を受けるのが一番です。

 

 

通常講座は59800円で受講できますが、
資格取得のために、自身で受験する場合は、
資格1つに付き受験料1万円が必要なため、
資格2つ取得するには
結果的に2万円必要になります。

 

 

そうなると通常講座も
スペシャル講座も結局同じなので、
最初から基本講座で安く抑えようとはせず、
スペシャル講座を受けてしまったほうが
肩書きは確実に手に入れられます。

 

 

心理系の知識がなかった方にとっては、
この心理系資格の取得を目指して
学習できれば、挫折せず確実に
最後まで学習できるはずです。

 

 

将来的に心理カウンセラーを目指す
高校生でも受講は可能なため、
初心者や初級者向けの
最初の一歩として取り組めます。

 

 

この資格講座は、課題提出5回、
卒業課題1回の合計6回の提出を
済ませるだけで資格を取得できる
仕組みがありますが、
添削課題の提出をするため
しっかりと知識の定着を確認できます。

 

 

勉強できる人にとっては
それほど難しい課題提出ではないため、
簡単すぎるかもしれませんが、
勉強が嫌いな人、課題が嫌いな人でも
簡単にクリアできる内容になっています。

 

 

認定カードは追加費用がかかる

 

 

諒設計アーキテクトラーニングで
取得できる資格は、合格すると
紙の賞状がもらえますが、
これだけでは履歴書、面接時に
いまひとつアピールしにくい
可能性があります。

 

 

スキャンしてコピーを作っておけばよく、
賞状をスキャンしてスマホに
入れるなどの工夫で、
人にも見せやすくなるかもしれません。

 

 

賞状を額縁に入れて
飾っておくほどのデザインでは
ないですが、これが証明書に
なるので、しっかりと保管しましょう。

 

 

認定カードは追加費用を支払って
発行可能で、認定カードがあれば、
面接のときにも提示しやすく、
スキルをアピールするときにも
便利になります。

 

 

認定カードがなくても
スキルの証明は可能ですが、
免許証や国家資格の
資格証のようなカードが
ほしい方は発行しておきましょう。

 

 

認定カードの発行には5000円ほど
追加費用がかかるので、
1つの資格で合わせて1万円必要です。

 

 

認定カードまで出す予算はない場合は、
賞状をスキャンしてスマホに
残しておくなどの工夫で代替できます。

 

 

勉強中に質問することも可能

 

 

今の時代には、
あまりいらないかもしれませんが、
諒設計アーキテクトラーニングの
資格講座を受講していると、
専門家に質問書を送ることができます。

 

 

わからないところや専門的な内容、
テキストには書いておらず、
プロの意見が必要になる場合には
これらの質問書でより
高度な学習をすることができます。

 

 

しかし、インターネットで調べたり、
図書館、SNSなどでプロに聞いて
教えてもらうこともできる時代のため、
それほどこの質問書は
活用することはなさそうです。

 

 

インターネット上では、
気になったことは調べやすいですが、
諒設計アーキテクトラーニングの
講座のように体系的に心理学の情報が
まとまっているサイトなどは
ほとんどなくて見つけにくいため、
全てインターネットで無料で
学ぼうとするのは難しいでしょう。

 

 

講座での学習を通して、
分からないことは
自分で探しながら解決し、
どうしても解決しないことや
議論が必要なことは
質問書で解決できると
覚えておきましょう。

 

 

特に、心理系の話題は、
ケースバイケースで考え、
行動を変えることが多いため、
絶対に通用する
王道というものがないです。

 

 

真剣に勉強して、
プロの心理学知識や
経験を頼りにしたい方は、
この質問書を上手に
活用してみてください。

 

 

講座は在宅で学べる

 

 

諒設計アーキテクトラーニングの
資格講座は、在宅で、
パソコンやスマートフォンを
通しても受験することができ、
基本的には郵送されてくる
テキストを通して学ぶ事になります。

 

 

スペシャル講座の場合は、
受験せず、課題提出だけで
資格取得できるので
より楽に資格を取れます。

 

 

テキストを使って
自分で学ぶことになるため、
先生の授業を受けて
ノートを取るような形式とは異なり、
独学に近い形で学習することになります。

 

 

勉強が苦手で、挫折した経験があっても
心理学やヨガ、ピラティスを
習得できるようになっているので、
どなたにでもおすすめです。

 

 

受験資格は特になし

 

 

資格講座で受けられる2つの資格は、
受験資格は特にありません。

 

 

年齢も性別も制約はないので、
お金はかかりますが
学生でも取得を目指せます。

 

 

中学生や高校生でも受講はできますが、
基本的な知識がないと
学びきれない可能性はあるので、
未成年の方が学ぶ場合には
サポートしてくれる方がいるのが
理想的です。

 

 

受験資格はないので、
中卒でも高卒でも学べて、
まさにステップアップに
最適な資格講座で、
受講希望者の未来を
切り開いてくれるでしょう。

 

 

 

初心者でもしっかりと学びきれる

 

 

資格講座を修了するために
重視されているのが課題提出なため、
これまでの人生で勉強や仕事で
挫折してきた方でも、
この諒設計アーキテクトラーニングの
資格講座は最後まで
課題提出をやりきって、
ステップアップにつなげられるでしょう。

 

 

特に、提出課題5回、卒業課題1回を
6ヶ月でやればよいというペースなので、
どれだけ大変なときでも、
1ヶ月に1回のペースで
課題提出をしていけば
資格を取得できます。

 

 


初心者でも、勉強が本当に苦手でも
スキルアップのために生かせるのが
諒設計アーキテクトラーニングの
資格のため、ぜひ自身の成長のために
挑戦してみてください。

 

無料で資料請求する